Go Forward

生田キャンパス キャンパスマップ

緑豊かな多摩丘陵の高臺に位置する広大な生田校舎には、最新の研究?実験設備から溫室や自然の地形を生かした圃場があります。
この恵まれた施設を利用して、理工學部、農學部の學生が大學院まで含めた一貫教育のもとで學んでいます。
このキャンパスで學んでいるのは?
理工學部?農學部の1~4年生と大學院生が學んでいます。

各施設の詳細はこちらから

中央校舎





學習と生活の両面から學生をサポートする窓口や理工學部、農學部で使用する教室があります。一般教室、情報処理教室とも最新の機器が備わっています。
學術映像資料や映畫などが豊富な「メディアライブラリー」が學生に好評です。

第二校舎A館



2004年に完成した新しい校舎です。個性的なルーバーをもつ外観が特徴的で、2層、3層の吹き抜けラウンジは、學生と教員の語らいの場としてなど、広く利用されています。

第二校舎D館



2011年に完成した新しい校舎です。機械系學科と応用化學科の研究室?基礎化學実験室等により構成されています。2~6階各所には、ラウンジやホールを設け、自然環境の眺望のなかでの創造、交流の場としての位置づけもされています。

第一校舎6號館



2014年に完成した農學部の新しい実験研究棟です。教室や実験室?研究室以外に、遺伝子組換え體を扱う培養室、閉鎖系ガラス溫室などを備えています。

農學部南圃場



種まきから収穫までの作物の生育過程における特性を學ぶための畑です。野外で作物や土に実際に觸れる體験を通じてこそ、さまざまな農學を修得できます。
※圃場內への無斷立ち入りは御遠慮ください。

溫室



水耕栽培?礫耕栽培としての施設園蕓を行っている研究実験用の溫室です。主に品種改良等を試験的に栽培したりするために使用されています。

生田図書館



約44萬冊所蔵しており、毎日の學習?研究のサポートをしています。

體育施設



體育教室、格技室、バレーコート、テニスコートなど多種多様な実技科目の授業やサークル活動がおこなわれています。

食堂館スクエア21





學生の人気スポットです。明るく清潔感のある館內に開放的な空間が広がっています。多様なメニューは、ボリュームと価格、學生の嗜好を考慮しています。

登戸研究所資料館



舊日本陸軍登戸研究所の研究施設であったこの建物を保存?活用して「明治大學平和教育登戸研究所資料館」を設立しました。大學として歴史教育?平和教育?科學教育を発信しており、一般に開放もしております。
  

地域産學連攜研究センター



明治大學が有する技術シーズ?知的資源を有効活用し、川崎市をはじめとする神奈川県域地域連攜交流を促進することを目的として建設されました。テクノロジーインキュベーション室や試験分析?試作加工裝置をはじめ、地域産學連攜に資する設備を整えています。

植村直己記念碑



世界五大陸最高峰単獨登頂など數々の偉業を達成した冒険家の植村直己は、本學農學部の卒業生です。マッキンリー山で遭難し、消息を絶ったのは1984年の事。彼の不撓不屈の精神を後輩に語り継ぐ「碑」です。

ネオ屋臺村



日替わりで変わる屋臺に加えメニューも豊富です。注文を受けてから調理するため、出來たてのランチを食べることができます。晝休みには行列ができるほど學生に人気があります。

登校路



生田駅からの玄関口です。坂道を登りきった先には、研究環境の整ったキャンパス風景が広がっています。

嫩草影院,嫩草影院在线播放,嫩草影院高清免费