Go Forward

駿河臺キャンパス キャンパスマップ

駿河臺キャンパスは交通至便な千代田區神田駿河臺に位置し、最新設備を備えたリバティタワーやアカデミーコモンといった教室棟のほか、中央図書館、研究棟といった施設が立ち並び、伝統ある明治大學のまさに本拠地となっています。
このキャンパスで學んでいるのは?
法學部?商學部?政治経済學部?文學部?経営學部?情報コミュニケーション學部の3?4年生と文系の大學院生です。

各施設の詳細はこちらから

リバティタワー
アカデミーコモン
その他の施設



最新設備を備えた地上23階?地下3階の校舎(高さ約120m)。
大教室からゼミナール教室などあらゆる授業に対応する教室や、スポーツホール、図書館、學部事務室などがあります。

① 岸本辰雄ホール (23F)

岸本辰雄ホール

見晴らし絶好な最上階のホール。
一面ガラス張りの大型窓から、大都市?東京の街並みを見渡すことができます。

② 學生食堂(スカイラウンジ暁) (17F)



地上約75メートルからの見晴らしを楽しみながら食事ができる明治大學自慢の學食です。通常の3倍のボリュームの「トリプルカレー」や「トリプルラーメン」にも挑戦してみては?

営業時間の 詳細は明大サポートホームページにて確認してください。

③ 教室



リバティタワーでは文系學部や大學院の授業が行われています。
300名近くを収容できる大教室、少人數のゼミナールを行う演習室など100を超える大小さまざまな教室があります。

④ 陽だまり広場



ベンチで友達とおしゃべりしたり、お弁當を食べたりしてのんびり過ごせる憩いのスペースです。

⑤ 中央図書館 (1F~B3F)



都內有數の蔵書(123萬冊)を誇り、広く落ち著いた閲覧スペースなど快適な學習環境を提供しています。

⑨ 紫紺ホール (1F)



本學出身の陶蕓家で、人間國寶である松井康成氏が制作した陶壁畫「人間賛歌」が展示されています。エントランスホールは吹き抜けの大きな空間となっていて、リバティタワーの広さを象徴して います。



生涯教育の拠點。
高い専門性が求められる職業に対応するための「専門職大學院」や、約1200名を収容できる大講堂などがあります。

⑥ リバティアカデミー



明治大學では、學生だけでなく、社會一般の方々にも學習の機會を提供しています。
生涯學習の場である「リバティアカデミー」では、平日夜や土曜日などに講座が開かれ、學生?ビジネスマン?主婦など様々な方が學んでいます。

⑦ 創立者レリーフ (1F)

アカデミーホール

明治大學を創立した3人の青年法律家、岸本辰雄?宮城浩蔵?矢代操の肖像と、建學の精神「権利自由 獨立自治」が刻印されたレリーフ。

⑧ 明治大學博物館?阿久悠記念館 (B1F)



博物館は1929年の開設。日本史の教科書でおなじみの法令の數々や拷問刑罰具、日本考古學の発掘史を彩った重要遺物が展示され、年間8萬人が訪れます。
阿久悠記念館では、日本を代表する作詞家?作家の阿久悠さん(文學部卒)の書斎や自筆原稿などを展示しています。

グローバルフロント

グローバルフロント

「世界に発信する最先端の研究拠點と陶冶の場」をコンセプトとした地上17階、地下1階建ての新教育?研究棟。
グローバル化する時代の先進的研究拠點を目指して「グローバルフロント」と命名され、人文?社會系の大學院、研究?知財戦略機構、國際連攜機構が移転し、2013年4月より利用を開始しました。

猿楽町校舎



國家試験指導センター、古代學研究所をはじめとした、いくつかの研究所や実験室があります。 

休憩施設?売店など

【A】 ラウンジ「マロニエ」

明大通りに面した場所にあり、グループ學習や待ち合わせに最適です。

【B】 cafe Pensee(カフェ パンセ)

アカデミーコモン1階のダイニングカフェ。創作イタリアンなどをリーズナブルに提供。

【C】 明大マート

おにぎり、パンなどの食品や飲料、文具など學生生活で必要なものがそろった売店。飲料は全品10円引き、文具は全品20%引きで販売。明大グッズも販売しています。

紫紺館

紫紺館

各種會議やパーティに対応できる施設のほか、レストランやラウンジなども配置されています。

米沢嘉博記念図書館

米沢嘉博記念図書館

まんがや雑誌、同人誌など14萬冊を所蔵する、まんがとサブカルチャーの専門図書館。
1階の展示室は、無料で観覧可能。2階閲覧室は、明治大學學生?教員(無料)と會員(有料)が利用できます。

※2階以上は一般の方は入れません。

嫩草影院,嫩草影院在线播放,嫩草影院高清免费