第5回公開シンポジウム

-身の回りの?を數理の目で解き明かす-

概要

明治大學は、文部科學省平成28年度私立大學研究ブランディング事業に採択された「Math Everywhere:數理科學する明治大學-モデリングによる現象の解明-」の第5回公開シンポジウムを、3月17日(水)にオンラインで開催いたします。
 宇宙や生命の神秘はもとより、私たちが普段見過ごしている身近な対象の中にも、不思議な現象は數多く潛んでいます。そうした対象に「數理」の光をあてることで、複雑な現象の背後にある単純な仕組みを発見して、それを新たな問題の解決に利用できることがしばしばあります。本シンポジウムでは、2016年度にスタートした研究ブランディング事業「數理科學する明治大學」に取り組んだ自己組織化?錯視?金融?折紙工學?機械學習5チームの研究成果を紹介します。特別講演には、新型コロナ感染癥の數理で著名な西浦博?京大教授と、昆蟲ハネカクシが翅を複雑に折り畳む仕組みを解明した斉藤一哉?九大講師のお二人をお招きしています。
 本シンポジウムで取り上げられる興味深い身近なテーマから、數學?數理科學の広がりと面白さを感じていただければ幸いです。

日時

2021年3月17日(水)13:00 ~ 17:30

開催形態

リモート(Zoom Webinar)  事前登録制?聴講無料

お申し込み

プログラム

13:05~13:10 開會挨拶
明治大學學長 大六野 耕作
13:10~15:40 Ⅰ. 講演:數理科學する明治大學
  • 「生きものを時間と數理で考える」自己組織化チーム:山口智彥/末松信彥
  • 「錯覚の解明から生成へ - 視覚と味覚の數理 –」錯視チーム:杉原厚吉/宮下芳明
  • 「データに基づいた數理モデルで捉えた日常生活の危機」金融チーム:田野倉葉子/淺井義裕
  • 「畳む文化が育む折紙工學 -數理から産業イノベーションを!-」折紙工學チーム:萩原一郎/奈良知惠
  • 「感性を考慮した機械學習による快適生活の実現」 機械學習チーム:荒川 薫/櫻井義尚
15:45~16:45 Ⅱ. 特別講演
  • 講演1:西浦 博(京都大學) 「新型コロナ感染癥の數理(仮)」
  • 講演2:斉藤一哉(九州大學) 「ハサミムシの扇子の數理」
16:45~17:15 Ⅲ. パネル討論:対話が誘う文理融合の世界
17:15~17:25 Ⅳ. 明治大學紹介 総合數理學部 學部長 荒川 薫
17:25~17:30 閉會挨拶:先端數理科學インスティテュート(MIMS)所長 俁野 博

お問い合わせ

明治大學 先端數理科學インスティテュート(MIMS)

e-mail: mims@mics.meiji.ac.jp
 Tel: 03-5343-8067(平日9:30~16:00)

PAGE TOPへ戻る

嫩草影院,嫩草影院在线播放,嫩草影院高清免费